読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うだがウダウダしてる

人生ってやっぱ面白い。

Day 145 海外生活をするときの言語問題

本日12月23日

 

見事に寝坊して大慌てで出社したうだです。5分の遅刻で済んだ(どっちにしろアウト)

 

それでも堂々とおはよう!と言いまくる私。

大物だな、と我ながら思いました。

 

ちなみに現在私のポケットには全く見に覚えのないものたち私のスマホにはうろ覚えの写真が入っています。

昨日なんだったんだろう。

 

さてさて前回海外生活で大切にしていることについて書きました。

 

ということで今回は引き続き海外生活系私の経験のお話をしたいと思います。

海外に住む上で言語ってどれくらい大事なの?

f:id:sykud:20160122103505j:plain

 

今回クローズアップするのは

現地の言語、英語、日本語

です。

 

4年ほど前に生活をしていたところはカナダで現地の言葉は英語でした

只今住んでいるのはベトナム言語はベトナム語になります。

 

じゃあベトナム語が話せないと生活できないのかというと

 

そんなことはない。

 

私はベトナム語が一切話せません。

本当に超簡単なベトナム語しか知りません。

しかし今のところ余裕で生きていきていけます。

 

知っていた方が便利だし苦労もしないと思います。

 

けど知らなくても生きていくことはできる。

マナーとして最低限の言葉は覚えますけどね。

 

では英語です。

 

ぶっちゃけ英語話せなくても海外は行ける。

 

ただ、生活するんだったら英語できた方が便利

 

仕事を現地で得る、ということを考えたら絶対必須項目だとは思いますが

生活面においては英語なんて通じないことがほとんどで自分が話せたところでなんの役にも立たないことも多い。

 

そうなんですよ。

 

英語が通じず、どうせ通じないとわかりつつも日本語で伝えようとする私のアホさ具合よ。

 

じゃあ英語は一切必要ないのか、というとそういうわけではない。

 

なにかあったときになんだかんだ助けてくれるのは結局英語なんですよ。

 

日本語で乗りきれると思ったか?

 

無理だよーーーん!!!

 

東の小さな島国の言語なんてどこでも通じるわけないでしょ~!

無理無理!

英語が話せないとダメってことはないです絶対に。

 

話せなくたって全然生きていけます。

 

ただ、話せたほうが損はないです。

 

というのが私の経験ですね。

シンガポールの空港でトラブったからこそ思ったことですね。

あのとき、本当に英語に感謝しました。

 

以上が海外長期滞在を経験している私の言語に対する考え方です。

 

英語が必要だよなって思うのは自分を守るとき、トラブルに巻き込まれたときなので

そういった状況に追い込まれたときを想定して

その英語だけを言えるようにしておく、もしくはメモをしていつでも見せれるようにしておく

くらいのことをしておけば何の問題もないんじゃないかなと思います。

 

友達を海外でも作りたいって思うんだったらまた話は別ですけれどもね!

 

基本はジェスチャーでなんとかなりますので

言語は意外と心配していただかなくて大丈夫ですよ!

反論、ご意見あれば、いつでもどーぞ!

 

 

 

うだ