読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うだがウダウダしてる

人生ってやっぱ面白い。

Day 14 帯広行ってきました

北海道生活

本日8月26日金曜日

 

ホテル暮らしという優雅な日々を送っておりますうだです。

休みの日でも職場で生活するというのは

なかなか窮屈な感じがするなと思っております。

 

昼は子供たちの相手

夜はクレイジーにパーティ

 

そんな生活にも慣れつつある自分が怖いです。

 

仕事は9割日本語だと思っていました。

8割英語でしたごめんなさい。

 

さて。

昨日初めて休みをいただいたので!

北海道を満喫しようと

帯広へ行くことにしました。

(本当はドレスコードをなめくさって来てしまったためお偉いさんの目が怖くて買い出しに行かざるを得なくなってしまっただけ)

 

なぜ帯広なのかというとですね。

 

普段私は山の中におり

周りには何もないからなのです。

f:id:sykud:20160816214446j:plain

THE 僻地。

 

おら、とんでもないところにおるだよ。

 

ということで電車に揺られます。

 

f:id:sykud:20160816214711j:plain

 

旅感すごい

 

この電車ワンマン電車。

 

あれれ。ウチの地元もあるよ。ワンマン電車。

田舎だね。

 

外には広大な土地が広がります。

 

f:id:sykud:20160816214845j:plain

 

f:id:sykud:20160816214926j:plain

 

なんか北海道がとか農作物が有名な理由分かる気がする。

だって。

何もないけど土地むっちゃあるもんね!

 

途中車掌さんがと戦います。

 

f:id:sykud:20160816215051j:plain

 

漂うローカル感。

 

電車に揺られること1時間ちょっと。

帯広に着きました。

 

f:id:sykud:20160816221746j:image

 

オフなので化粧どころかコンタクトもしておりません

 

感想は

 

想像とちょっと、いやかなり違う。

 

帯広って

 

こんな田舎だったの!?

 

ほぼ三島じゃないか!!!!!!

 

それにしても

人間の住む街というのはいいなあ。

 

下界万歳。

 

コンビニ万歳。

 

 とりあえず

名物の豚丼食べました。

f:id:sykud:20160816215624j:plain

 

ネットで探したこちらのお店は帯広駅内にあるので

すぐ見つけられるかと。

f:id:sykud:20160816215703j:plain

 

美味しかったです。

 

私は豚丼を食べました。

 

少し罪悪感がわきました。

 

子豚、子豚て。

ネーミングセンス。

ハーフサイズじゃあかんのかい。

 

そしてここからお目当てのGUへ向かいます。

 

本当は駅からバスが出てるのですが

帯広初心者のうだ

 

一時間かけて徒歩で向かうという

なんともアホな行為を行いました。

 

あれ、今私どこだ?

グーグルマップ先生に頼ろう。

 

あ、私地図読めないんだった!

 

というわけのわからない件を何回かやりました。

 

一人でボケて一人で突っ込んでました。

 

知らない土地でそれは結構きつかったです。

 

もう帯広はこりごりです。

なんとか生還できましたが、

もう二度と行きません。

もう歩きたくありません。(自分が悪い)

 

たかだかGUまで行くのに

往復4時間半はまじで頭おかしい

 

いいですか。

私は、下界に降りて特にしたことと言えば

豚丼食べて

コンビニに感動して

GU行っただけですからね

 

北海道クレイジーすぎる。

 

最後は尻つぼみになって

全然帯広感伝わってませんが

今回分かったことは3つ

 

①帯広はほぼ三島

②人間の住む街(下界)に少し感動してしまう感じになってきてしまった

③帯広にはもう二度と行きたくない

 

明日からまた頑張ります!

 

うだ