読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うだがウダウダしてる

人生ってやっぱ面白い。

Day 196 サパに行ってきました。

本日2月12日金曜日

 

ハノイに帰ってきましたうだです。

明日からハロン湾に行ってくるのですがその前にサパ旅行についてまとめてみようかと思います。

 

ちなみに今回は良いことしか書きません。

私があれ?と思ったことにつきましてはまた後日…。

 

■そもそもサパとは

ハノイから250キロほど北西に行った中国との境近くにある街です。

多くのベトナム人の愛する観光地。

f:id:sykud:20160212193746j:plain

会社の人から

ベトナムにいるならサパには行っておけ」と散々言われ続け

ようやく重い腰をあげてやってきました。

f:id:sykud:20160212195044j:plain

日本でいう北海道…までいかないけど…まあそんな感じのところです。

 

で。なんで多くの観光客がここに集まるのかというと

その雄大な自然とここに多くのベトナム少数民族が暮らしているから。

f:id:sykud:20160212193607j:plain

■サパでなにするの?

私はしませんでしたがやっぱりこの街のメインはトレッキングですね。

山登りやハイキングが好きな人はいいかもしれません。

 

サパの中心地には少数民族の人たちがキャッチしてるのでそこに話しかければなんとかなります。

f:id:sykud:20160212193853j:plain

私のような運動不足でトレッキングとか自分を苦しめる行為が嫌いな人は

バイクを借りて山道をドライブして棚田を見たり、シルバーウォーターフォールを見てもいいかもしれません。

 

■棚田

いやいやここまで情報感が強くて私色が薄いので本領発揮していきます。

 

みなさんは棚田ってみたことありますか?

f:id:sykud:20160212194009j:plain

私ね、うおおおおおって見よう!って思ったんですが

サパに着いて気づいたことがあるんです。

 

私、棚田見たことあるわ。

 

数えてみたらもう10年程前の話で、

もうなによりも10年も前かよっていう月日の流れの速さにショックを受けたんですが、

家族旅行で訪れたバリ島で見てるんですよね。

 

だから見たときも、

お…おう。

くらいのテンションで、

棚田だ。

くらいにしか思わないという感情ぺらっぺらの感想しか持たないという非常に残念な結果になっちゃったんですよね。

 

だって違いが分からないんだもの。

 

当時小学生だったとはいえ、よく覚えているんですよ。

もう残念でしかない。

 

■シルバーウォーターフォール

サパ中心地から15キロほど離れた場所にこれはあるんです。

 

なんせすることもないし、とりあえず行くことにしました。

 

ラオスでも滝見に行くし、私むっちゃ滝好きやんっていう突っ込みを自分自身にしつつ、バイクを運転して行ってみました。

f:id:sykud:20160212194137j:plain

うん。

まあ、滝だわ。

 

Thac Bacベトナム語でいうんですが

道中サインが書いてあって

そろいもそろって「T BAC」って書いてあったんですよね。

 

まさかのここでの

ティーバック

 

ティーバックを目指してティーバックへ向かううだ。

なかなかシュールでしたね。

f:id:sykud:20160212194314j:plain

ネットでは入場料1万ドンと書いてありましたが、

ここ最近の物価の向上で1万5千ドンになってました。

 

■ドライブ途中で見つけたもの

ドライブしてたらですね。

唐突に

f:id:sykud:20160212194415j:plain

これが現れたんですよ。

ちなみにこの写真の時計の指す時間は大幅に間違っています。

 

なんやねんと思って行ってみると、

どうやらベトナムアミューズメント施設らしい。

 

パゴダやらブッダやらがいるらしい。

f:id:sykud:20160212194501j:plain

どんなアミューズメント施設やねん!

 

そうか、USJもディズニーランドもないこの国では、こういったものがアミューズメント施設になるのか

という完全にベトナムをバカにした感想を持って引き返しました。

f:id:sykud:20160212194537j:plain

ちなみに入場料は60万ドン、約3000円です。

たっか!

 

■サパまでのアクセス

ハノイから、の場合ですが

行く方法は大きく分けて2つです。

 

  1. 寝台バスで行く(所要時間約5時間)

    f:id:sykud:20160212194633j:plain

  2. 寝台列車で行く(所要時間約7時間)

    f:id:sykud:20160212194742j:plain

 

寝台バスの場合はサパで直接乗り降りできますが、

寝台列車の場合はラオカイという場所で降りてそこから公共のバス(7千ドン)かミニバン(5万ドン)でサパへ一時間かけて向かいます。

ミニバンの方が高いですがホテルまで送って行ってくれたり、荷物も預けられたりと、なんだかんだいいのかなあと思います。

 

私は行きはハノイ駅からラオカイ駅まで寝台列車、そこからミニバンでサパへ行き、

帰りはサパからハノイのミーディンというバス乗り場まで寝台バスを使い、そこからはセオム(バイクタクシー)で帰りました。

 

個人的には寝台列車が一番寝心地が良かったですね。

 

■費用と物価

費用は大体138万ドン(7000円)

  • 寝台列車30万ドン(1500円)
  • 寝台バス25万ドン(1000円)
  • 宿泊費1泊10万ドン(500円)
  • バイクレンタル1日12万ドン(600円)
  • ミニバン5万ドン(250円)
  • 食費50万ドン(2500円)
  • 入場料などの雑費6万ドン(300円)

私は食費にむっちゃかけましたが、頑張ればもっと抑えられると思います。

f:id:sykud:20160212194831j:plain

ただ、ハノイに比べて全体的な物価は高いと思います。

フォーもハノイの2倍しました。

 

 

まあまあボーナスもあったのでこんな旅行もできたわけで、普段なら金銭的に無理なんでいい機会だったかな、と思います。

 

以上、サパリポートでした!

 

うだ