読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うだがウダウダしてる

人生ってやっぱ面白い。

Day 151 バッチャン村で陶芸体験

本日1229日火曜日

 

 

年の瀬ですね。

はやいものです。

 

先日バッチャン村へ行ってきました。

 

もちろん!この人と!

 

 

 

 

ハンモック・アジアン!

 

カンボジアのお土産!

といってハンモックをくれるという奇行をしてくれたアジアンさんとバッチャン村へ行きました。

 

今回の目的はバッチャン村で陶芸をすることです。

 

バッチャン村とはベトナム北部の名産品であるバッチャン焼きという陶器の発祥の地です。

 

この村には多くの作業所や陶器を販売するお店や市場があります。

 

せっかくハノイにいるのだから!

とアジアンさんと思いつきで行ってみました

 

バッチャン村へは旧市街近くのロンビエンのバスターミナルからバスで40分くらいで着きます。

 

 

しかも片道7000VND

35円。

やっすい!

 

実を言うともうすぐこちらに住み始めて5ヶ月が経過する私なんですが初めてのバス利用でした。

 

バスを利用したことないなんて良い生活送ってきたんやな、なんてアジアンさんに言われてしまう始末。

確かに。

 

ロンビエンから15分おきにバスが出てるというネットの話を信じボーッと待っていましたが

全然来ねえバッチャン行き47Aのバス!

 

 

47Aに行けば確実にバッチャン行けますからね!

しかし時刻表がバス停に書いてないのがベトナム

そもそもあったところで時間通りに来るんですか?

 

来ないですよね!

 

まあ気にしてはいけない。気長にゆっくり待ちましょう。

 

ということでやっとこさバスが来て乗りました。

 

座るとこの兄ちゃんがお金回収にきます。

 

 

このお兄さん結構イケメンだった。

イケメンのお兄さん、大変やねえ。

 

しかしねえ。

 

道が悪い。

 

常ガタガタしてるし道幅狭いし運ちゃんまあまあスピード出すし。

乗り物酔いひどい人はちょっときついかもしれないですね。

 

 

ということでやっとこさ着きました。

 

バッチャン村。

 

 

ずばあっとお店が並びます。

 

 

むちゃむちゃお店があります。

 

 

見て回るのもちと時間がかかります。

 

 

これ絶対アウトやろっていうのも堂々と置いている。

 

 

これがベトナム

一通りフラフラし終わって歩いてたらおばちゃんに話かけられた

どうやら陶芸ができるとのこと!

 

おし!

 

ということで着いていって

 

 

作業場に到着!

 

 

 

 

ほぼおばちゃんが作ってるんちゃうん?

くらいの勢いでガンガン作っていきます。

 

 

 

アジアンさんのマグ・カップは飲み口がハートにされていました。

 

 

あまりにもガンガン作らされるので「ソム!(終わり)」と言って終わりにすることに。

 

こいつら私たちがベトナム語を話せないことを良いことにガンガン作らせてお金取る気だな

 

こっちはベトナムに住んどるんじゃ、なめんなよ!

ということでおばちゃんが加工している間に手を洗って待ちます。

 

 

あっという間に乾いて出来上がった陶芸品。

こっから色塗りです。

 

 

 

絵の具を使って色塗りをしていきます。

しかし到着の遅かった私達2

(公園で遊んでたから)

お店の人はさっさと店じまいを始めました。

 

気がついたらお店の人いなくなってるし!

おいおい

 

客放置すんなよ!

 

ということでさっさと色塗りを終えてお金を払って退散

 

14万ドン

200円程度で陶芸体験をすることができます。

 

お安い。

 

カフェでも行こうかなんて言って行ってみたらここも「今日は終わり」とのこと。

 

ちょっと待って。

 

まだ17時なんですけど!

 

バッチャン村閉めるの早くない?

 

なのでバスターミナル(という名の何もない場所)の道端のお店で美味しくないコーヒーを飲みながらバスを待ち

 

 

 

 

やっと来たバスに乗ってハノイ市内へ帰ってきました。

 

今回の反省点は

もっと早めに行くべきだった。

つくるものを決めてから来るべきだった。

です。

 

これはリベンジしなきゃね!

次はバイクで来よう!

という意見で一致したのでまたバッチャン村、行きます。

 

ベトナムの名産品、バッチャン焼き

市内で買うのもいいですが少し足を伸ばしてバッチャン村へ行くのもおすすめですよ!

 

 

うだ