読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うだがウダウダしてる

人生ってやっぱ面白い。

Day 150 友達のパソコンを段ボール製にしてみた

本日12月28日月曜日

 

昨日アジアンさんからお土産でハンモックいただきました。

いろいろおかしい。

最近私のブログ単調になってませんでしょうか。

面白さが減ったような気がする…

 

みんなはもっと笑いを欲しているんだ!

もっと笑いを提供しなければ!

というわけの分からない使命感を感じた筆者、うだ。

 

そうだ!

いたずらを仕掛けよう。

友達のパソコンの一部をダンボールにしちゃおう!

 

標的となったのは私の同僚のHa。

仲がいい同僚の一人です。

2歳上の彼女のことを私はお母さんと呼んでいます。

 

f:id:sykud:20160122163911j:plain

可哀想に。いつも私のいたずらの標的になる。

喋っているときに椅子の高さを急に下げたり、いきなり軽く首絞めたり、彼女のパソコンのスクリーン表示を上下逆さまにしたり

ちなみに逆立ちの写真を撮ったのも彼女です。クリスマスデートに同行させてくれたのも彼女です。 

 

この企画にLinhに協力してもらい、敢行することにしました。

 

予め、彼女に質問します。

「ねえ。何したら怒る?」

「◯◯さんがいろいろやらかしたときかな。」

「それはいつものことじゃん。私も怒ってるけどさ。」

 

 そして核心をつきます。

「私がいたずらしたら怒る?」

「何かするの?」

「特に何も。」

よし、いたずらしても大丈夫そうだ。

 

しかし彼女は警戒しているので忘れた頃にやってやろう。

 

彼女はデスクトップで仕事をしています。

なのでこのスクリーンとマウスとキーボードをダンボールにしちゃいたいと思います。

 

まず、ダンボールを用意します。

 

f:id:sykud:20160122163949j:plain

 

これを自宅に持ち帰ります。

(原チャで持ち帰った私の運転技術に自ら拍手を送りたい。)

 

カットします。

 

f:id:sykud:20160122164006j:plain

f:id:sykud:20160122164023j:plain

f:id:sykud:20160122164015j:plain

(2日間かけた)

 

なお、ここで週一掃除してくれる人にすべてを捨てられ、一から作り直すことに。

クローゼットにしまった上にボタン部分はカッターと一緒に袋に入れて保管していたにも関わらずカッター以外すべて捨てられる。

 

悲しみの絶頂。

これ捨てる前に洗面所で死んでるトカゲなんとかしてくれよ

 

ということでもう一度同じ過程を繰り返します。

 

絵を描きます。

 

f:id:sykud:20160122164054j:plain

スクリーンのパーツには白い紙を貼り、落書きができるようにしました。

 

組み立てます。

f:id:sykud:20160122164111j:plain

f:id:sykud:20160122164132j:plain

f:id:sykud:20160122164158j:plain

ここで活躍するのは両面テープです。

ハノイダイソーができて本当に良かった。

(周りのスーパーには売っておらず、なんでやねん状態がしばらく続いた)

 

会社に持って行きます。

朝早く会社に到着します。

 

f:id:sykud:20160122164316j:plain

プラグを抜きます。

 

f:id:sykud:20160122164252j:plain

彼女のスクリーン、マウス、キーボードを回収し、戸棚にしまいます。

 

f:id:sykud:20160122164348j:plain

それらのあった場所にダンボールで作ったものたちを配置します。

 

f:id:sykud:20160122164454j:plain

そして彼女が来るのを朝食を食べながら待ちます。

 

まだかな~。

 

お!

彼女が来ました!

 

「へっ?」

 

 

いいリアクションだ。

しかし私は気にせず朝食を食べる

「私のパソコンどこ?」

「え?あるじゃん!」

「あれは違う。」

「これで仕事すれば?」

「できない!」

 

でもキーボードもスクリーンもマウスもあるで!

私の力作やで!

 

f:id:sykud:20160122164537j:plain

私はこの時点で大満足していました。

 

「誰がつくったの?さやか?」

「知らん。」

「お前だな。」

 

はい、私です。

とか言いつつもなぜか喜んでくれて持って帰る!と言ってくれたのであげました。

だって私捨てるつもりだったし。

f:id:sykud:20160122164631j:plain

ということで21歳にしてなおこんなことを全力でやる女

それが私、うだ。

 

なにやってんねんって言うかもしれないですがそれ、私が自分自身に一番思っていることだよ!!

 

あー楽しかった!

 

うだ